【コンサル会計士の日々】たくさん利益を出していない会社はダメな会社?

「絶対的な正解」の無い会社経営

社長のみなさん、何を目指して毎日頑張ってらっしゃいますか?

今回は「たくさん利益出していない会社はダメな会社?」についてです。

コンサルティングをしている中での会話です。
社長の実際のお悩み。

では参りましょう!

たくさん利益出していない会社はダメな会社?

打ち合わせにて。午後3時ぐらい。
良い感じの昼下がり。
出して頂いたおしゃれなお菓子とお茶を頂きながらお話しをしていました。

たくさん利益出していない会社はダメな会社なのかしら?

ほほう、なぜそう思いますか?

多くの会社が「利益アップ!!」とか言っている中で、私の会社は何十年と同じ状態が続いているでしょう。

どんどん伸びて行っている会社と比較してしまうと、どうしても自分の会社が悪い会社だと感じてしまうのよ。

ちょっと社長の顔が暗くなった。
何度も何度も迷ってきた問いなんだな。
ちょっと根底から掘ってみよう。

何で自分で会社を始めたんですか?

私は自分のやりたいようにやるために会社を設立したのよ。

働く時間も場所も自由な方がいい。
誰と仕事をするかも自分で決めていきたい。
そして、社員にも自由に働いてもらうの。
みんなに私の会社で「豊かに働いてもらいたい」という思いがあるのよ。

お、この「豊か」がポイントだな。

「豊かに働いてほしい」って素敵ですね。
ちなみに「豊か」っていろいろありますけど、
どんな「豊か」をイメージしてますか?

みんなやることは仕事だけじゃない。
たくさんあるなかの1つが仕事なの。
家族や趣味などとバランスよく生きてもらいたい。

そのバランスのなかで、出来ることを最大のパフォーマンスでやってもらいたいの。

たくさんのお給料をお渡しできているわけではないが、それでも「ここで働きたい」とみんな来てくれる。

そんな場所を今後も作っていくことで、みんな豊かに生きてほしいと思ってるわ。

その思いが叶ったとき、会社はどんなかんじですかね?
現状と、どのくらいかけ離れてます?

そうね、わりと出来ているかもしれないわね。
そんなに離れてないわ。
みんな楽しそうに働いてくれてる。
厳しいルールなんかなくても、どんどん仕事をしてくる。

不思議なものね。

それなら、この会社はダメな会社なんかじゃありませんよ。
自分の思いを実現できているじゃないですか。

たくさんの利益を出さなくったって、
みんなが幸せに生きていける会社という
「場」を作ったことはとても素晴らしいことです。

確かに「利益をたくさん出す」という「思いの人」からしたら、
ダメな会社かもしれません。

でも、会社は利益のみが目的じゃないと僕は断言しますよ。
社長が「いい感じ」と思えるなら、それ以上の評価基準はありません。

ただ、キャッシュフローだけは注意しておきましょうね。
会社を生かすも殺すもキャッシュ次第なので。

あと、みんなを幸せにすることも大切ですが、
社長も豊かになることを忘れないでくささいね。

そうね、
お金だけじゃないって言ってもらえると、なんだか安心するわ。

社長も少し落ち着いた様子。少し迷いが晴れたならいいなと。
そして、僕は役員報酬についての相談を続けるのでした。

会社の良し悪しを決めるものは?

評価軸はいろいろあります。

・売上、利益などのお金
・従業員が何人いるか
・ワークライフバランスが取れているか

そりゃ、できるならこんな会社が良いですよね?
「たくさん利益が出ていて」
「たくさん従業員が雇えていて」
「みんなのワークライフバランスが完璧」

でもそんなのムリです。
完璧な理想と向き合うのはやめましょう。

お金という尺度は絶対的なものです。

「1円よりも100万円の方が良い」という評価を100人中100人がしますよね。
わかりやすい。だからみんな使います。

でもそうじゃない。
向き合うべきは

「会社への思い」

です。

そして、評価するのは

「自分自身」

です。

1人中1人が「いい感じになっているな」と思えればそれでOK!
たくさんの人に評価される必要はありません。

だから会社経営でも、自分を認めてあげることが第1歩。
そうすると、「自分が良いと思うんだから、これで良いんだ!」って思えるようになります。

元気になれますね!

今日も胸張っていきましょう!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。