【コンサル会計士の日々】あだ名で呼ばれる存在になる

あなたが

「あだ名」

で呼ぶ人は何人いますか?

その人はどうしてあだ名で呼ぶようになりましたか?

今回は

「あだ名」で呼ばれる存在

の話です。あだ名で呼ばれると毎日の仕事が楽しくなります。

では参りましょう!

チャレンジしたい!お金は大丈夫?

僕は本名「上田巧」と申します。
公認会計士をしているので、職業柄「先生」と呼ばれることがあります。

その呼ばれ方に気持ち悪さを抱きながら、今日もミーティング。
「先生らしく振舞うってのも、なんか堅苦しくてつまんないなぁ~」

XXの件なんだけど、お金の面からみると上田先生的にはどうなの?

お金的にはちょっとチャレンジングですね。
できなくはないけど、その橋を強引に渡るのはちょっとって感じです。

やっぱりか~
でもこれはやりてぇんだよなぁ~

上田先生、なんとかなる計画つくれない?

ん~、そうですね。
この件の目的もはっきりしてるので、スタート切りたいですよね。

計画なんてなんぼでも作れますが、実現させないとダメっすね。

あ、ここら辺の経費をごそっと削ればいけるかもしれませんよ!
ほら、カードでちょこちょこ買い物してる人いるじゃないですか?

おっきい支出を見直すより、日々の小さな支出を減らす方がマジ効果ありますよ!

え、それって俺じゃん!!

上ちゃんマジむかつく!笑

(お、呼び方変わった。切り込むチャンスだ)

「あれもやりたい、これも買いたい」はダメってお母さんから言われたでしょ!?

ちょこちょこ小さい買い物する人って、無駄遣いする人の典型例ですからね!

うっはー、むかつく~
上ちゃん、むかつく~!大笑

まぁでもチャレンジできるなら、ちょっと考えを改めてみるよ。

そうですね!頑張っていきましょう!
ちゃんとモニタリングもしますからね!

せんでええわ!

あだ名で呼ばれる存在を目指す

大人の対応

大人になるといつからか「さん」付けで呼ぶようになります。
士業にいたっては「先生」が付きます。

いわゆる「大人の対応」ってやつですね。

でもこの線引き、お互いの言葉が印象に残りづらくなります。

なぜなら「仕事モード」でのやり取りだから。

どこか「仕事上のことだから」と自分事として考えきれないことがあります。

なんとかして、相手の行動を変えたい。
そのために「相手の感情に刻み込む」必要があります。

そこで「仕事モード」を和らげる方法が「あだ名」です。

感情を揺さぶる

小さいころ、友達みんなにあだ名がありましたね。
あいつに言われた忘れられない一言、とかありませんか?
その時のことばと一緒に、感情がぶわっと戻ってくることとかありませんか?

わりとそのことばが今の自分を作っていたり。

それと一緒です。

あだ名がある
⇒親しい人
⇒言われたことはちゃんと受け止めないと

というスイッチを相手に入れてあげる。

そのスイッチオンのうえであれこれ仕事の話を進めていくと、相手の感情に切り込んでいく道が見えてきます。

もちろん、話の順番やトーンも大切。

また、「率直な厳しい意見」を投げかけても「ただの厳しいイヤな人」で終わりません。

これも同じです。

あだ名がある
⇒親しい人
⇒自分を思って言ってくれてる

時には怒り出すこともありますが、焦らずちゃんと説明しましょう。
相手を傷つけたくて言っているわけではないのですから。

目的を忘れない

何か重要な話をしようとするのであれば、

「きっちりかっちりやる」

から

「あだ名のキャラでやり切ってみる」

ってのはどうでしょう。

目的は「相手の感情に刻み込む」ことです。

たくさんのあだ名

すべてお仕事上でのあだ名です。

・上ちゃん
・ゴリちゃん
・たくちゃん
・タクママ
・ゴリママ
・お金ゴリラ

ぶっちゃけめちゃくちゃですね。笑
でもそうやって、心開いてくれる相手には頑張っちゃいます。

きっと大手のコンサルティング会社に勤めていたら、こんなあだ名は頂けなかったでしょう。
自分のスタイルを作れるのは最高です!

みなさんのおかげで、毎日楽しく仕事ができています!
ありがとうございます。

さて、あなたは何て呼ばれたい?

今日も胸張っていきましょう!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。