原価計算したら動けなくなった:数字だけで全てを判断しない

こんにちは、上田巧です!

久々に原価計算ネタです。笑

原価計算ってどのタイミングでやるのか?
その結果をどう読み取ったらいいのか。
というか、役に立つの?

そこで今回は、

原価計算したら動けなくなった:数字だけで全てを判断しない

客観的過ぎる情報も考えもの。世の中は数字だけで回っていない。

では参りましょう!

なんだか縁遠い原価計算

やらなきゃいけないことは分かってるんだけどねぇ~

いろんな会社さんで聞く声です。

会社を経営していてどうしても気になるのが、「資金繰り」

買ってきたもの、作ったものが売れて、お金が入ってくる。
そのお金を使って、また何かを仕入れて、売る。

儲けたお金で自分の生活をする。

儲けられるとか、赤字になるとか、そんな議論って割と進んだ話だったりします。
まずビジネスを始めて、「買って売って」のの軌道に乗せることが超大変。

頭で考えていてもダメな事ばっかりです。
どんなビジネス本にも結局のところ「まず動け」ですね。

スタートのタイミングで原価計算をすると、動けなくなってしまう

原価計算を業の1つとしている身として、思うこと。

それは

「原価計算をすると動けなくなる」

いくらで仕入れたものが、いくらで売れるのか。
80円で買ってきたものが、100円で売れる。儲けは20円。

つまり、原価率は80%、利益率は20%。
そのなかで、自分の作業時間がかかってくるので、もっと利益率は下がる。

確かに原価計算は客観的な事実を提供してくれますが、「不安」を持ってきます。

こんなビジネスをしていいのか。やる意味あるのか?
もっと違うものを売った方が良いんじゃないのか。
コンビニバイトの方がマシじゃないか。

「やりたい!!」という気持ちが「客観的な事実」に潰されていきます。

ビジネスをサポートするツールのはずなのに、やる気がなくなってきてしまう。
こんなに悲しい話はありません。

数字だけで全てを判断しない

赤字でもなんでもいいからやってみる。
最初から儲かることなんてほとんどないと考えたほうがいいです。

自分が理想とする儲けの計画が準備出来て、それがいきなり実現できることは「ない」

カンペキな準備、パーフェクトなスキーム。
原価計算をして、儲けを得られることも確信している。

逆にそんなビジネス、怪しくないですか?笑

原価計算をして、利益率マイナスのものはやらないほうがいい。

あるべき論はこうでしょう。

でもそれでやらなかったら、
この利益率をプラスにするためにどうしたらいいか。

この考えや行動に至りません。

原価計算をやって、その結果で判断する。

ではなく、

原価計算の結果を「どう好転させるか」

このことに全力を注ぐ。

原価計算は判断ツールではありません。
途中経過の道しるべにすぎません。

数字だけで、全てを判断しない。
自分の思いや熱狂を信じ切る勢いを大切にしていきましょう!

ではまた!

関連記事:原価計算が続かない理由:誰にも怒られないから後回し

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。