【エクセルで始める原価計算 第3回】フリーランスが知りたい自分の時給/作業リストのリンク

こんにちは。タクミです。

エクセルで始める原価計算
第3回は、ここまで作成した「作業リスト」と「作業記録」をリンクさせます。

では参りましょう!

シリーズ概要】
スタート地点はココ!ゼロから始める原価計算
【エクセルで始める原価計算 第1回】フリーランスが知りたい自分の時給/まずは時間集計からスタート
【エクセルで始める原価計算 第2回】フリーランスが知りたい自分の時給/作業リストの作成

作業リストのセルに名前を付ける

エクセルでは1つ1つのブロックを「セル」と呼びます。

前回作成した作業リストのセルに「名前」を付けていきます。
名前を付けていくと、後々作業が楽になります。

では作業をしていきましょう。

この作業をC社まで繰り返していきます。

ちょっとめんどくさいですが、最初の設定だけなので頑張りましょう!

プロジェクト名で選択できるようにする

つぎに、「作業記録」のシートにおいて、選択式にできるようエクセルを設定していきます。

あとは、この設定をしたセルをコピー([Ctrlキー]と[C]を同時押し)し、
プロジェクト名のその他のセルにペースト([Ctrlキー]と[V]を同時押し)してください。

これで、プロジェクト名を入力しなくてもよくなりました!
最初だけ頑張れば、あとが楽です!

「プロジェクト名」にひも付く「作業内容」を選択できるようにする。

作業内容の部分も選択で済むなら楽ですよね。

基本的な作業はさっきと同じです。

では作業していきましょう。

4番目に「INDIRECT」関数というものを使います。
参照先を決めてくれるという関数です。

あとは、この設定をしたセルをコピー([Ctrlキー]と[C]を同時押し)し、
プロジェクト名のその他のセルにペースト([Ctrlキー]と[V]を同時押し)してください。

他の部分も選択できるようにリストを作成

エクセルで定型入力がある部分は、リストにしてしまいましょう。
なるべくクリックで済ませられるほうが楽です。

リストが作れたら、同じく作業記録シートで設定しましょう。

またかよ…
頑張りましょう。

お疲れさまでした!!

お疲れさまでした!
これで、今後入力せずとも選ぶだけで1日の作業記録を残していくことができるようになりました!

打ち込むのは、日付だけになりましたね。

ちなみに、「作業リスト」のシートは余白を作ってあるので、適宜内容は追加していってくださいね。

今日、何の仕事をしたのか?

この情報を頑張って積み上げていきましょう!

ではまた次回!

こちらもぜひ読んで頂けると嬉しいです。
会計に対する僕の考え

ミイダス

このサイトをフォローする!

【エクセルで始める原価計算 第3回】フリーランスが知りたい自分の時給/作業リストのリンク” に対して4件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。