【エクセルで始める原価計算 第5回】フリーランスが知りたい自分の時給/結果の月次集計

こんにちは。タクミです。

エクセルで始める原価計算
第5回は「結果の月次集計」です。

では参りましょう!

【シリーズ概要】
スタート地点はココ!ゼロから始める原価計算
【エクセルで始める原価計算 第1回】フリーランスが知りたい自分の時給/まずは時間集計からスタート
【エクセルで始める原価計算 第2回】フリーランスが知りたい自分の時給/作業リストの作成
【エクセルで始める原価計算 第3回】フリーランスが知りたい自分の時給/作業リストのリンク
【エクセルで始める原価計算 第4回】フリーランスが知りたい自分の時給/売上記録・時給計算

ピボットテーブルの前に下ごしらえ

入力するセルを下まで伸ばしておく

前回までで3つのキモとなりエクセルができました。

作業時間記録のエクセル】

売上記録のエクセル】

【時給計算のエクセル】

入力する枠がそれほど多くないので、このタイミングで増やしておきましょう。

作業量は人それぞれですが、2,000行まで伸ばしておきます。
いっしょに関数等のコピー&ペーストもしておきましょう!

テーブルの設定

ピボットテーブルを使う前に、「ここが集計するデータのある場所だよ」という指定をしてあげます。

これはやらなくても大丈夫なのですが、集計したときに「空白」のセルを省いてくれるので個人的に好きです。

手順は以下の通り。まず作業時間記録セルに「テーブル」を設定してみましょう。

設定が完了すると、下のようになります。

「売上集計」「時給計算」の入力セルに対しても同じ「テーブル設定」をやりましょう。

もうひと手間

下の方にスクロールしたとき、各項目の見出しが見えなくなってしまうとやりづらいです。

この時「ウィンドウ枠の固定」という便利なものがあります。
やり方は下の通りですので、設定しておきましょう。

やっと登場:ピボットテーブル

さぁ!これまで蓄積したデータを集計していきましょう!

まずは、作業時間記録の集計をピボットテーブルでやってみます。
手順は下記のとおり。

OKまで行くと、新しいシートが生成されてこんな画面になります。

右側の「ピボットテーブルのフィールド」という部分を編集していきます。

操作方法はカンタン!ドラックアンドドロップをするだけです。
設定は下のようにします。

ピボットテーブルのフィールド
列:「月」
行:「プロジェクト名」「作業内容」
値:時間数

この作業が完了すると、次のようにプロジェクト名別・作業内容別に集計してくれます。便利ですねー

同様の手順で、売上高(テーブル2)と時給計算(テーブル3)のピボットテーブルも作成しましょう。

(ピボットテーブルではいろいろな集計結果の見せ方ができるので、ぜひ様々な設定を試して遊んでみてください!)

出来上がるとこんな感じになります。

これで、蓄積してきたデータを集計することができました!

・プロジェクトごと、作業内容ごとの時間
・プロジェクトごとの月次売上推移
・プロジェクトごと、月ごとの時給

これが見えるようになりましたね!

どんどん情報を蓄積していくと、自分の動きが見えるようになってきます!

蓄積したデータの更新

1度ピボットテーブルを作成した後に、作業記録等を追加入力しますよね。

その入力が終わったら、ピボットテーブルも更新したいと思うもの。

このボタンで一発です!

追加入力したデータも更新してくれます!

頻繁に更新することをお勧めします!

お疲れさまでした!

今回はここまでです!

蓄積したデータが修正されて、これまでの頑張りが見えるようになると感動します!

ただ、今回は時給計算なので、見たくない現実に直面してしまうこともあります….

それでも!現実を見て、なんとか良くしていこうと頭を使うことが大切です!

では次回が最終回!
集計したデータを「見える化」していきたいと思います!

ついでにこちらもぜひ読んで頂けると嬉しいです。
会計に対する僕の考え

ではまた!

このサイトをフォローする!

【エクセルで始める原価計算 第5回】フリーランスが知りたい自分の時給/結果の月次集計” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。