【エクセルで始める原価計算 第6回】フリーランスが知りたい自分の時給/結果の見える化

こんにちは。タクミです。

エクセルで始める原価計算

第6回は「結果の見える化」です。
「フリーランスが知りたい自分の時給」シリーズ最終回です。

では参りましょう。

【シリーズ概要】
スタート地点はココ!ゼロから始める原価計算
【エクセルで始める原価計算 第1回】フリーランスが知りたい自分の時給/まずは時間集計からスタート
【エクセルで始める原価計算 第2回】フリーランスが知りたい自分の時給/作業リストの作成
【エクセルで始める原価計算 第3回】フリーランスが知りたい自分の時給/作業リストのリンク
【エクセルで始める原価計算 第4回】フリーランスが知りたい自分の時給/売上記録・時給計算
【エクセルで始める原価計算 第5回】フリーランスが知りたい自分の時給/結果の月次集計

前回の補足

時給計算に関するピボットテーブルで、列総計・行総計が記載されています。
時給は合計するものではないので、これを消します。

ひと手間がおおいのですが、ご了承くださいm(__)m

さて、つぎから本題です。

ピボットテーブルからグラフを作成

前回のエクセル作業で、これらのデータが集計できました。

【売上集計】

【時給計算】

【プロジェクト別作業時間集計】

あとはこれを「見える化」しましょう!
といっても、グラフを挿入するだけです!笑

手順は下の通り

グラフの種類はお好みで選んでください。
僕はシンプルなものがいいので、縦棒を使います。

【売上集計】グラフ

数字を見るより直観的にわかるのでいいですね。

同様の作業をしていきます。

【時給計算】グラフ

【プロジェクト別時間集計】

ピポットグラフをもうちょっとおしゃれにしたい

このエクセルで原価計算は、「長く続けること」がとても大切です。

でも、だんだんめんどくさくなってきてしまうことも事実。

見た目などを工夫して

「あ、なんかいま分析っぽいことしてて自分カッコよくね!?」

みたいなモチベーションも大事です!

エクセルでできるデザインには限界がありますが、それでも自分なりの見た目にカスタマイズしていってみてください。

手順はこの通りです。

全体を見ていくとこんな感じになります!

データが蓄積されていけば、自分の仕事がどのように推移しているのかがわかるようになります!

フリーランスが知りたい自分の時給

本当にお疲れさまでした!
「これでフリーランスが知りたい自分の時給」編 終了です!

この原価計算エクセルでわかること

①プロジェクト別の月次売上高推移
②プロジェクト別・月別の時給
③プロジェクト別・作業内容別の作業時間

自分がどんな風に仕事したら、結果としてどう稼ぎになるのか。
10万円という売上をゲットしても、時給換算したら100円/hでしたとかツライですよね…

今の自分の現状を知り、次の行動を変化させる。
エクセルで原価計算
プロジェクト別時給計算
ぜひやってみてください!

ではまた!

このサイトをフォローする!

【エクセルで始める原価計算 第6回】フリーランスが知りたい自分の時給/結果の見える化” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。