変わる自分:変わらない場所

こんにちは、上田巧です!

自分が卒業した学校や、かつて毎日のように通っていた場所。
久々に訪れると懐かしい気持ちになりますね。

懐かしい気持ちと共に、なんか安心しますよね。

そこで今回は、

変わる自分:変わらない場所

です。

変化し続けなければならない!
という力強い記事ではないのでご了承ください。

では参りましょう!

変わる自分

新型コロナウィルスの影響など、社会的な影響で生活様式が大きく変化してきています。
外的要因も大きいですが、自分自身の原因も沢山あります。

単純に「年を取っていくこと」

これだけでも大きな変化が訪れます。

毎日の生活に目一杯だから、自分自身では気付かないこともたくさん。
それでも生きているだけで自分は変わっていきます。

見たもの、聞いたもの、触れたもの、
あらゆるコト・モノが自分を変えていきます。

いろんなものから影響を受けて、日々変化していっている自分を感じてみる時間

ありますか?

変わらない場所

駅ビル開発など、大資本が集まる場所の変化は速いです。

でも、「人」のように「場所」はそんなにすぐに変わっていきません
建物や土地柄はそんなにすぐに変わらない。

だからこそ、そんな場所に足を運んでみたとき、当時の自分に戻ることもあるでしょう。

人と場所の時間の流れは大きく違うようです。

その変化の少なさに物足りなく感じることもありますが、それだけ自分が変化したということ。
自分の変化を感じるにはうってつけなんです。

懐かしむ時間もたまにはいいもの

どたばたの毎日。目の前のことに精一杯で、昨日のことすら振り返っている時間なんてない。
「懐かしむこと」なんて何も生まない。

そう言ってしまったらそこまでですが、何も生まない時間だって時には大事なんです。

自分で自由にできる時間ができたら、「頑張って自己投資」もいいです。
ただ、たまには「懐かしむ時間」を楽しむために、そんな場所へ足を運んでみてはどうでしょう。

あ~、あんな頃そんなことしてたな~
と感じた後に、

随分遠くまで来たな~

って感じることもあるでしょう。

出世競争・年収比較・社会的地位、周りと比較できるモノサシはいくらでも出てきます。
それだけで自分をみたらつかれちゃいますね。

ホントは「過去の自分」と「今の自分」を見てみるだけで十分だったりします。
そんなとき、「変わらない場所」に訪れてみて、少しゆっくり時間を過ごしてみるのはどうでしょう。

振り返る時間が、これからを教えてくれることもありますね。

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。