疲れたら休むという基本動作:お腹が空いたら食べると同じ

こんにちは、上田巧です!

お腹が空きすぎて動けなくなるまえに、ごはんを食べます。
当然のこと。みんな何も言わずにそうしています。

でも「疲れ」は?

そこで今回は、

疲れたら休むという基本動作:お腹が空いたら食べると同じ

です。

季節の変わり目はいろいろと負荷がかかります。
しんどくなってきたので、そんなことを書いてみます。

では参りましょう。

疲れたら休むという基本動作

フルマラソンを走り切ったら休息を取る
フルイニング投げ切ったピッチャーも何日間か完全休養する
試合の翌日はオフ日にする

これ全部、「疲れたら休む」ですね。

スポーツにおいては、基本動作です。
連続で負荷をかけることは、パフォーマンスを落とす原因なのは誰もが知っていることですね。

お腹が空いたら食べると同じ

この基本動作、「お腹が空いたら食べる」と同じなんです。
そのくらい当然のこと。

食べないと体が弱って、死んでしまう。
これと一緒。

休まないと体が弱って、死んでしまう。

同じですよね。

人間という生き物の基本動作なことを忘れちゃダメですね。

自分で自分を追い詰めない

楽に生きましょう。
大丈夫です、そんなに深く考えすぎない。

「ま、いっか」

くらいの感じで。

自分1人で抱えこまないで、誰かに言っていいんです。

「疲れたから休むね」
それ以上の言葉はいりません。

「疲れたから休むね」

それだけ。

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。