人生の大きな目標:見失ってもまた探せばいい

こんにちは、上田巧です!

将来こうなりたい!
と思って、今どう頑張るか逆算して考える。

沢山の方々がそれを発信していますね。

そこで今回は、

人生の大きな目標:見失ってもまた探せばいい

大きな目標というものを設定したら、それに向かって進むだけ!
でもなさそう?

では参りましょう!

人生の大きな目標

僕の人生での大きな目標は「公認会計士になって活躍する!」でした。
まぁ活躍するっていいってもいろいろありますが、ゴリゴリ働く!ってイメージですね。

人生の大きな目標

ここから逆算して、今なにを頑張ればいいか。

30代・40代・50代の自分はどうなっていたいか。ステップごとにやることを明確にする。
目標に向かって突き進むことができると、とても気分爽快で頑張れますね。

でも人生歩んでいくうちに、見えてくる景色は変わってきます。

景色が変わってくると、次に見たい景色も変わってくる。
人の心なんて移ろうもの。変わっていくことは自然な流れなんです。

時間と共に自分も変わり始める

僕の目的地は変わりました。
「公認会計士になって活躍する!」という大きな目標は、まぁもういいかな~、と。

結婚をし、子供が生まれ、1人の人生から、みんなの人生に。

時間が経つことによって、変化の仕方は人それぞれ沢山あります。
だから、当初人生の大きな目標として掲げていたことは、目的地ではなくなったのです。

じゃあ、どこを目指すか。何を目標とするか。

変わったならば、すぐに目的地を定めないといけないのか。
そう言われてしまうと、ちょっとしんどいですね。

今の僕は目的地をどこにするか、とても迷っています。

見失ってもまた探せばいい

やろうと思ったら、何でもできる。

僕はそう思っています。

ただ、なんでもできるなら、何でもやるのか?
目的地を決めていない状況は不安が続いてしまいます。
早く決めたいと焦ってしまいます。

だからと言って、手っ取り早いものにしがみつくことはちょっとアブナイですね。

「決断」は「断つこと」を「決める」

何を「やらないか」を決めることがキーポイント。
やらないことを列挙していけば、やりたいことが浮かび上がってくるかもしれません。

目的地を見失っても、また探せばいいんです。

焦ることはない。
ナビは何度だって目的地を何度だって設定できます。それといっしょ。

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。