優秀になりたいのか、幸せになりたいのか:優秀の先に自分の幸せがあるか

こんにちは、上田巧です!

仕事においては優秀になりたい。
人生においては幸せになりたい。

同じような響きを感じる方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、

優秀になりたいのか、幸せになりたいのか:優秀の先に自分の幸せがあるか

自分にとって何が大切なのか。

では参りましょう!

優秀になりたいのか、幸せになりたいのか

優秀になりたいという思い
その根源は、「誰かに認められてい」という承認欲求

幸せになりたいという思い
その根源は、「自分の願いを実現したい」という自己実現欲求

どちらが良くてどちらが悪いというものではないと思います。
マズローの欲求階層説では上下関係がありますが、そこはとりあえずどうでもいいです。

先日、このようなツイートをしました。

会計士業界って、「優秀になりたい」と思い、日々物凄い勢いで仕事をする人が多いです。
こういう人たち、すごく尊敬します。

でも一度も聞いたことが無いってくらい、

「幸せになりたい」

って声を聞いたことが無いかもしれません。

優秀の先に自分の幸せがあるか

「優秀」になれれば「幸せ」になれるのか。

あなたは、どう思いますか?

この世に絶対というものがないので、そこは仕方ないですが。
「優秀」であれば「幸せ」になれる可能性は高まりそうですね。

1つクエスチョン。

あなたの「幸せ」のために、「優秀」であることが必要ですか?

例えば、

「自分の時間を大切にする生活」

これが自分の幸せにつながる場合、優秀でなければ実現できないものではないと思います。

「いろんな美味しいものを沢山食べてみたい」

これなら、優秀であるかどうかなんて関係ないですね。どんどん旅に出ましょう。

小さいころから「優秀」であることが素晴らしいことであると、社会が教えてきます。
優秀であることは素晴らしいことではありますが、
「そうなければならない」ということではないと、少なくとも僕は思います。

物事には「こうなったら素晴らしい」というものがありますが、
それを「そうならなければいけない」という使命として捉える必要は全くないと思うのです。

自分が幸せならそれでいい

自分がいいと思うならそれでいい

向上心が強い人、そうでない人
みんなそれぞれです。

自分が属する業界は、どんな人が多いでしょうか?
その人たちの流れに頑張ってついていこうとしているのか、それとも自然体で泳げているのか。

少し俯瞰してみてみるのもいいかもしれませんね。

他人と比較して、競争しながら生きていく世の中ではなくなろうとしています。

だからこそ、「自分がそれでいいなら、いいんじゃない?」

こんな感じに肩の力を1回抜いてみては。

そこからまた頑張ったっていいんです。
ちょうど外出できなくなってきているので、良いタイミングかもしれませんね。

ではまた!

関連記事:優秀になりたいのはなぜ?:自分のモノサシで生きる

ブログ記事一覧

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。