私生活の減損基準:身軽になるが勝ち

こんにちは、上田巧です!

あなたはいつ、モノを捨てますか?
年末の大掃除のタイミング
いつものお掃除タイミング

それとも、捨てるタイミングを見失っている?

そこで今回は

私生活の減損基準:身軽になるが勝ち

これから先をいかに身軽に過ごすか!?

では参りましょう!

私生活の減損基準

会計基準にちょっと小難しい決まりがあります。

「減損基準」

というものです。

カンタンに説明すると、「そのものが今後役に立たないのなら、価値を下げましょう」ってやつ。

今日の記事はそれを私生活に当てはめようってやつです。

「今後使わなそうなら、さっさと捨てよう」

この判断をどのタイミングでするか。1つ過程内で決まりを設定してしまう。

僕の中の決まりは、

2か月間全く動きの無いものは捨てる

です。

特に書籍や小物はそうしてしまいます。
動いてないものは自分の生活に影響を与えない。

さっさと捨ててしまいましょう。

身軽になるが勝ち

どんどん捨てていくと、場所的にスペースが増えていきます。

そして、スペースができるのは場所だけじゃなく「心」にも増えていきます。

スペースができると、また新しいものを迎え入れる準備が整います。

もっと広ければ捨てずに済む!って思うかもしれませんが、どんなにスペースが沢山あっても
「自分の手が届く範囲は変わらない」

これ重要です。

新しいものをどんどん受け入れられる自分

手の届く範囲の新陳代謝も大切です。

意外とイラナイ物だらけ

いざ、自分の身の回りに対して「私生活の減損基準」を適用してみると
どんだけ捨てることになるんだろう!?
ってくらい、動いていないモノだらけです。

まぁだからって、一気に全部捨てるわけじゃないですが。笑

思い出のモノなどは大事にしたいですが、そうじゃないものが沢山あります。

「ありがとうございました」と伝えて、ゴミ袋にGO。

やるときは思いっきりやってみましょう。

なかなかモノが捨てられないなら、

「私生活の減損基準」

ルールを作って、ガンガン捨ててしまいましょう!

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。