誰かの1言に溺れない:自分はどう思うか

こんにちは、上田巧です!

毎日Twitterを覗くようになり、いろんな意見が雪崩のようにやってくる。
ちょっとのフォローでこんなことになっている。
もっとたくさんの人をフォローしている人は、なんか大変そうだなって思うのです。

そこで今回は、

誰かの1言に溺れない:自分はどう思うか

主張の洪水が起きています。

では参りましょう!

誰かの1言に溺れない

私はこう思う。

僕はこう考える。

1つネタがあれば、いろいろと意見が飛び交う。
その流れの中で、

「この人は凄いな~」
「この発言はムカつくな」

なんて、心の中で色々リアクションするでしょう。

時には、「こんなにすごい人が沢山いるのに、自分は…」なんて落ち込むことも。

誰かと会話をしているわけではないのに、全部にリアクションしている自分
しかも、1日に何百・何千と繰り返します。

受け止める言葉もあれば、避けたくなる言葉もたくさん。

体ではなく、頭が反応している状態は、疲れますよね

自分はどう思うか

これだけたくさんの情報が飛び交うようになると、誰かの意見で自分の中がいっぱいになってしまいます。

そして、誰かの意見を消化していくのでいっぱいいっぱい。
理解や納得をしようとすればするほど、消化不良で胃もたれ状態

そんな状態だと、「自分」なんてどこへやら。

「自分」が最初に追い出されて行ってしまうのです。
それも「自分の中」から。

誰かの意見を取り入れようとすればするほど、「自分」をぞんざいに扱ってしまうのです。

あなたが食べたいモノはなに?
食べたものから「あなた」が感じたものはなに?

わざわざ洪水に飛び込む必要はない

自分の中から自分を追い出してしまう。
そんなことをしてしまうくらいなら、周りの意見なんて取り入れないほうがいい。

ちょっと極端かもしれないけど、そのくらいの意識の方がいいかもね。

わざわざ溺れに行く必要なんて全くない。

自分が感じたこと、したいこと。
その思いに素直でいて悪いことなんてない。

音の無い世界で過ごす。
自分を整えるために、時間を作ってみて。

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。