年末年始も変わらない1日:ペースを落としても、崩しはしない

こんにちは、上田巧です!

いよいよ年末年始のお休みがやってきますね。

1年の疲れを癒し、新年の抱負を掲げて走り出す準備。
仕事に追われる日々からしばし離れられる。

嬉しい限りですが、ちょっと注意が必要かも。

そこで今回は、

年末年始も変わらない1日:ペースを落としても、崩しはしない

1日1日を大切にする。これは変わらないですね。

では参りましょう!

意識高く過ごす必要はない

仕事も休みだし、自己投資に時間を使おう!

なんて意識高いことを僕はできません。疲れちゃう。
目覚まし無しで寝ててもいいし、記憶を失うまで飲んでもいいし。

何かと、自由が効く時間が流れます。

毎日一生懸命頑張っているからこそ、

「余白」

を作った方がいい。

いつも以上に読書したり、いつも以上に勉強したり。
意識高く過ごしても良いケド、「そうしなければならない時間ではない」ということだけ忘れないでください。

年末年始も変わらない1日

なんか特別な気持ちになる年末年始。
だけど、いつもと変わらない24時間です。

持ち時間をうまく使って、気分の良い毎日を過ごしたいですね。

自由な1日

どうせ何かをやるなら、いつも以上に突き抜けてもいいかもしれません。

いつもの何倍もする値段のお酒を飲む。
いつもの2倍遠出をする。
いつも連絡を取っていない友人と会う。

まぁコロナだからできないことの方が多いのですが…

「いつも」できないことを組み込んでいくと、気分も変わりますね!

ペースを落としても、崩しはしない

特別な毎日を過ごす。
そんなテーマが良いかもしれません。

特別も良いけど、「毎日のルーティーン」は崩しちゃいけません。

僕だったら、
毎日ブログを書くこと
こんな簡単な記事の毎日ですが、続けることが大切だと思っています。

いつも頑張っていること

これを崩さずに

ちょっと特別なイベント

これを組み込んでいく

ペースを落としても、崩しはしない。

結局のところ、毎日の積み重ねですね!

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。