気軽に続けられるおもてなし:自分が楽しむために

こんにちは、上田巧です!

コロナもあり、たくさんの自粛が要請されています。
僕も誰かと会うのに、子供を連れて外出するのはちょっと怖いですね。

そこで選択肢として「じぶん家」というものが出てきます。

そこで今回は、

気軽に続けられるおもてなし:自分が楽しむために

頑張りすぎると、2度とやりたくないってなっちゃいますよね。

では参りましょう!

人を招いたら手料理を振舞うもの?

友人を家に招待して、食事やお酒を楽しむ時間
お店とも違うリラックスした時間を過ごせますね。

でもそこで上がってくるのが、

「食べ物どうする?」

です。

カンタンにイメージできるのは、ホストがいろいろ凝った料理を作って豪華に振舞うヤツ。
ザ・パーティーって感じ

確かに理想的ですね。
自分の家で料理を振る舞って、ゲストに楽しんでもうらう。

でも、それってマストなの?

気軽に続けられるおもてなし

まぁ、結論、マストじゃないよってことが言いたいのです。

豪華な手料理を振舞うことが、目的じゃないですよね。

友人や家族と豊かな時間を過ごす

これだと思っています。

だからぶっちゃけ全部デリバリーでもいいくらい。

楽しく話せれば万事OK!

でも、ちょっと寂しいと思うならこれがオススメ。

「オーブンレンジと炊飯器 フル活用」

オーブンレンジは、簡単に食材を下ごしらえして、あとは調理ボタンを押すだけ
炊飯器は、お米と食材と味付けの素を突っ込んで、炊飯ボタンを押すだけ

ボタンを押すだけの調理

自分がもてなしてる感がグッと出るようになるので、楽しいですよ。

ひと手間だけのおもてなし料理
気軽に続けられることが大切ですね。

自分が楽しむために

誰かを招待して、終わったらクタクタ
とっても寂しい気持ちになってしまいますね。

頑張りすぎない

自分が楽しむための秘訣です。
ありのままの自分で、できる範囲でやる。手が届かない部分はお店にお願いしたり、ゲストにお願いするのもアリ。

家に人を招くときに一番イラナイものは

「見栄」

です。

よく見られたい、カッコつけたい

じゃなくて、等身大の自分を知ってもらう、見てもらう。
それを受け入れる人が集まるようになればいいだけ。

ムリせず、頑張りすぎず、楽に楽しい時間を過ごす。

オーブンと炊飯器

このお二人のお力のおかげて、楽しい時間を過ごせた1日でした。

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。