1人の「ともだち」になる:取扱説明書を白紙に戻して遊ぶ

こんにちは、上田巧です!

「取扱説明書」

今やあらゆるものについています。
これはこう使う。これはこう遊ぶ。

「正しい」使い方が決められています。

そこで今回は、

1人の「ともだち」になる:取扱説明書を白紙に戻して遊ぶ

あぶないことだけしなけりゃなんでもいい。

では参りましょう!

1人のともだちになる

「こうやって遊ぶんだよ」

ついつい大人はそう言ってしまいますね。
「正しい遊び方」をついつい口出ししたくなってしまいます。

でもその「正しい」

だれが決めたの?

おとながいろいろ考えて、楽しそうな遊び方の1つを決めたにすぎません。
使い方はいくらでもあり、遊び方はそれ以上にあります。

「どうやってこれで遊ぼうか」

1人のともだちになって遊ぶと、見える世界も変わったりしますね。

遊び方はその場で決めればいい

「危ないことをしない」

ルールはこれだけで十分です。

何して遊ぶ、誰と遊ぶ、何時まで遊ぶ

全部その場で決めれば良い
それも、

全部子供と一緒に決めればいい

こうしよう、こうしなさい、ちゃんとしなさい

一番のタブーでしょう。

取扱説明書を白紙に戻して遊ぶ

え、そんな使い方するの!?

落ちてるものと組み合わせると、そんなに楽しく遊んでくれるんだね

そんなことばっかりです。
大人の頭の中に擦り込まれた

頭の中にある「取扱説明書」

白紙に戻してくれるのが子供たちです。

1人のともだちになって、まっさらな姿で遊んでみてください(^^)
思った以上に凝り固まった自分がいて、もっと自由に考えてみようってなります。

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。