モノの価値の決まり方を考える:自分が大切にしている価値とマッチするか

こんにちは、上田巧です!

コンビニに行けば、おにぎりが120円前後で売っている。
本屋に行けば、マンガが500円前後で売っている。
酒屋に行けば、ビールが200円前後で売っている。

そうやって、モノやコトには値段がついていますね。

そこで今回は、

モノの価値の決まり方を考える:自分が大切にしている価値とマッチするか

高ければいい。そんなはずがありません。

では参りましょう!

モノの価値の決まり方を考える

例えば車

・安全性
・機能性
・ブランド

いろいろな観点から価値が積み上げられていって全体としての価値になります。

300万円の車を買うか買わないか。
マルっと考えると、どうしても話が進みません。
ただただ、300万円って高いなって印象で終わってしまいます。

だからどんな商品でも、そのものの価値がどのように成り立っているか説明するのです。
商品説明ってそうやって成り立っているのです。

この商品には、これだけの価値があります。
なぜなら、安全性の面ではこうで、機能性の面ではこうで、ブランド力の面ではこうだからです。

自分の良さを因子分析して、わかりやすくなっているのです。

そんなふうにモノの価値は、細かいものが積みあがって作られているのです。

自分が大切にしている価値とマッチするか

商品の価値を構成する要素は、その企画者が考えて設計してきます。

それに対して、マッチするかしないか。
その判断は「自分が大切にする価値」と照らし合わせて、人それぞれ結論が導き出されます。

ブランド力がウリです!誰もが憧れる商品です!!

こんな風に価値を押し出している商品に対して、

自分が大切にしている価値が「長く使える」だったら、アンマッチとなります。

どんなに高い値段が付いていて、広告がたくさん打たれようとも、ピクリとも反応しない。

自分が大切にしている価値は何なのか。
改めて問い直す必要があります。

その価値に囲まれた豊かな人生を実現するために

大事にしている価値には一切妥協しない

そう。一切妥協しないことです。

妥協しないと決めた瞬間、行動に移し始めた瞬間
これまでのなんとなく生きてきた自分との大きな歪を感じるでしょう。

妥協しなくなった途端、物事に対して厳しくなったりします。
全てのことに妥協しなくなると、自分が立ち行かなくなってしまうので、
大事にすること1つを掲げましょう。

僕は「自由であること」

自由であることを実現することができるなら、とても価値を感じます。
一方で、無駄なプライドやしがらみが発生するモノやコトなら、どんなにすごいことでも興味が湧きません。

そのモノの価値の決まり方を知り、自分の価値と照らし合わせる。
そうやって、選別をしていきましょう。
捨てても捨てても現代は情報が多すぎるので。

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。