ケンカするほど仲がいい:友達に限った話じゃない

こんにちは、上田巧です!

ケンカするほど仲がいい
これを聞くと、小学生や中学生を思い浮かべますね。

でもその時期だけじゃないんです。

そこで今回は、

ケンカするほど仲がいい:友達に限った話じゃない

では参りましょう!

ケンカするほど仲がいい:友達に限った話じゃない

友達に限った話じゃない

じゃあ、だれ?

それは息子です。

今引っ越し準備のため、上の子を自分の両親の家に預けています。
まだ2日目ですが、結構寂しです。笑

僕は3歳の息子といつもケンカします。
それも些細なことで。笑

妻からは、大人になってあげなよ
と言われますが、結構本気でケンカします。

冷静になると我ながら、何やってんだと。
でもその時は結構ガチです。

そんな息子がいない生活。
家族の空気にぽっかりと穴が開いた感じです。

要するに、寂しんですね。笑

ケンカと仲がいい 相反する言葉

なんでこんなことわざがあるのか。

正式な語源は知りませんが、僕はこう思います。

なんでも我慢せずに、言い合える関係だから。

大人になると、どんどん我慢するようになります。
言いたいことを言わず、愛想笑い。
それが社会人としてのマナーだという人すらいます。

でもそんな関係、健全じゃない。

お互い前に進める言い合いなら、ガンガンするほうが良い。
子供のころと大人になってから。
違うようで同じなのかもしれません。

こそこそせず、堂々と胸を張った人生を歩んでいきましょう!

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。