新幹線通勤を始めて:活用方法は仕事だけじゃない

こんにちは、上田巧です!

電車通勤や車通勤をこれまでしてきたのですが、
今年から新幹線通勤も絡めていくことにしました。

そこで今回は、

新幹線通勤を始めて:活用方法は仕事だけじゃない

仕事もできるけど、時間の使い方はそれだけじゃない。

では参りましょう!

新幹線通勤を始めて

新幹線という空間で過ごす時間

これまで旅行や出張などで使うくらいで、それほど多く経験してきたわけではありませんでした。

独特な雰囲気を醸し出しています。

朝は、静かなラウンジのような雰囲気
夜は、何かみんなそれぞれ自分を労うような雰囲気

ビールのプルタブの音とかすると、
「お疲れ様です」
って言いたくなる気がします。

家でもない、職場でもない、普通の電車でもない、車でもない

新しい時間が訪れました。

活用方法は仕事だけじゃない

どうやってこの時間を過ごすか

やはり真っ先に思い浮かぶのが「仕事」

電源タップもありますし、環境としてはとても素晴らしい。
少し座席幅が狭いですが、仕方ないですね。

いつも通りゴリゴリ仕事をしてもいいのですが、なんかもったいない気がしてしまいます。
不思議ですね。

そこで1つ思ったことが、

「仕事の質を変えてみる」

これでした。

作業系の仕事は、自宅のデスクで複数枚モニターを使ってやった方が効率はいいです。

だから、考える仕事をしてみる。

計画や設計をする。
自分の考えの棚卸しをする。

贅沢な時間の使い方が合っていると感じました。

デジタルデトックスをする時間

そんな贅沢な時間の使い方をするなら、もうちょっと贅沢に。

「デジタルデトックスをする時間」

PC・スマホ・タブレットとサヨナラ

瞑想していると寝ちゃいそうなので、紙1枚とペンだけ。

小さなデスクにその2つだけを置いて、物書きをしてみる。
何を書くかなんて決めなくても大丈夫。
流れに身を任せる時間を過ごしてみましょう。

自分から湧き出てくるアウトプットを感じましょう。

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。