自分の人生の時間配分をどうするのが幸せなのか:他人に認められることに時間を費やさない

こんにちは、上田巧です!

今の世の中、いろいろなものに時間を使います。
とくにSNSは気が付いたら結構時間が過ぎているなんてことも。

あっという間に1日が終わっていきます。

そこで今回は、

自分の人生の時間配分をどうするのが幸せなのか:他人に認められることに時間を費やさない

自分の人生の主人公は自分なのです。

では参りましょう!

自分の人生の時間配分をどうするのが幸せなのか

毎日人に与えられる、唯一無二の平等の権利
それは時間

24時間という持ち時間が毎日発生します。
そしてその時間配分をどうするか、人は毎日たくさんの意思決定をします。

誰かと過ごす。1人で過ごす。
仕事をする。趣味の時間を過ごす。

自分が最も幸せになれる時間配分は何なのか。
どうにもそうできない時間もあります。

全て思い通りに行く現実なんてありませんが、
少しでも自分が幸せになれる時間配分を目指したいもの。

平日でも、休日でもいいです。
どんな風に過ごせたら、毎日笑顔でいられそうですか?

他人に認められることに時間を費やさない

そんな中、このご時世のつらい現状が

「孤独」

自粛が叫ばれ、友人に会うこと、遊ぶことも敬遠される世の中。
自分は何のために生きているのだろうかと。
誰かと話したい。自分の存在を確かめたい。

そんな思いが強くなってしまうコトは当然だと思います。

そして、誰かとのつながりができると、

「その人に認められたい」

この思いが生まれてきます。当然です。

認められたい。と強く思えば思うほど、他人の幸せを実現するために自分の時間を使ってしまう。
悪いことではないですが、自分の人生の主人公は

「自分」

です。

認められるのもいいですが、その先に何を求めるのか。
相手を満たせば、自分を幸せにしてくれるなんてことはありません。

自分の幸せを一番実現してくれるのは、「自分」なんです。

大丈夫。決して独りぼっちになんてならない

そんな風に振舞っていたら、周りに誰もいなくなってしまうのではないか。
この不安が強くなってくる。そして、怖くなってくる。

よくわかります。
が、そんなことはありません。

「自分のために」

という言葉は、

「自己中心的」

という言葉と同義ではありません。

「自分のために」一生懸命生きている人には、それに合った人が集まってきます。

自分を幸せにできる人は、他人を幸せにすることもできる。

ぼくはこう思っています。

だから、他人のために自分の人生を生きない。
自分のために生きて良いんです。

独りぼっちになんてならないから、安心してください。

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。