出口が見えたらご褒美をちゃんと準備する:頑張ってる姿は自分が一番見ている

こんにちは、上田巧です!

確定申告と法人決算が被るこの時期
たくさんこなしているわけじゃないですが、疲れますね。

もうあとひと踏ん張りってわかっちゃいるんですが…

そこで今回は、

出口が見えたらご褒美をちゃんと準備する:頑張ってる姿は自分が一番見ている。

自分で自分に「お疲れ様」と伝える準備をしておけば、なんかワクワクします。

体の疲れというバロメーターに向き合う

疲れたから休む
このサイクルはとても大事です。

今、いろんな人が無理をしている時代です。
無理し続けないと、世の中から見放されてしまうような危機感にさいなまれることも。

そんなこと言ったって、私たちは人間であり、生き物です。
疲れたら動けなくなる生き物。

疲れたというバロメーターにウソをつかないほうが、生き物としては良いのは間違いないですね。

出口が見えたらご褒美をちゃんと準備する

確かにそうだけど、頑張んなきゃいけないタイミングはどうしても出てきますね。
疲れても休めないなら、ご褒美を準備しましょう。

「何にしようか」とすぐに考えちゃうと気もそぞろになるので
「ゴール」が見えたタイミングで考えましょう。

ラストスパートの起爆剤用に使うのです。
手を抜かず最後まで頑張り切るために、そして次も頑張れるために。

頑張ってる姿は自分が一番見ている

自分のことって、自分では褒めないことがほとんどではないでしょうか。

「さすが~俺!!」

あんまりないですよね。
別に言葉にする必要はないですが、そう思うことがまず1つのご褒美でしょう。

まだまだ自分なんて

って思って向上心高めで頑張るのもいいですが、息切れしないように。
ほんの少しでも頑張れたと思うなら、すぐに褒めてみる。

スパルタな時とそうでない時はちゃんと使い分けて行きましょう。

繰り返しますが、息切れしないように。
そして、自分で設定したゴールを迎えたら、「ご褒美」をゲットしましょう!

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。