テレビを20インチにして気付いたこと:時間の流れを他人に支配させない

こんにちは、上田巧です!

みなさんはテレビを見ますか?
もともと僕はそんなに見るタイプじゃなかったのですが。

生活習慣の一部としてテレビの視聴が組み込まれているひとは多いと思います。

そこで今回は、

テレビを20インチにして気付いたこと:時間の流れを他人に支配されない

生活は環境に左右されることがよくわかりました。

では参りましょう!

テレビを20インチにして気付いたこと

気付いたこと

「テレビ、イラナイ」

以前の家では、40インチのテレビが部屋の中央に鎮座していました。
それほどバラエティ番組などは見ないタイプでしたが、Eテレなどはよく子供と一緒に見ていました。

引っ越し後
その40インチは、他の部屋に追いやって、モニターアームで20インチのちっちゃいテレビを設置しました。

最初は、ニュースとか夕方の特集を少しみていたのですが…

全く見なくなりました。
「テレビ、イラナイ」

時間の流れを他人に支配させない

そうすることで生活がどう変わったのか?

「時間のゆとり」

とても増えた気がします。

自分の時間をどう過ごすか
これを他の誰かに決定させてはなりません。

どんな言葉を聞くか
どんな広告を受け入れるか

今この時間を、どんなふうに過ごすか。

誰にも支配させてはなりません。

時間は減っていく一方

お金は増やすことができます。
物は増やすことができます。

でも

時間は増えません。
減っていくしかありません。

増やすことができない資産を誰かに奪い取られると考えると

どうすべきかは自ずと出てくると思います。

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。