新たな環境で戸惑うのは誰でも一緒:強がる必要はない

こんにちは、上田巧です!

今日は子供たちの入園式でした。
こどものイベントということもあり、久しぶりにスーツに。

知らない人が沢山いました。

そこで今回は、

新たな環境で戸惑うのは誰でも一緒:強がる必要はない

誰だって最初は戸惑うものです。

では参りましょう!

新たな環境で戸惑うのは誰でも一緒

最初から素晴らしく振舞うことを考える必要なんてありません。
新年度が始まり、新たな環境に身を置く人は沢山いると思います。

我が家の子供も入園式に参加し、来週から新しい生活が始まります。

そんな生活に子供が戸惑うのは当然ですが、、、

親も同じように戸惑うものです。

いくつになっても、新しい環境というものはドキドキと不安がセットになってやってくるのですね。
子供だけじゃなく、親も。みんな同じではないでしょうか。

強がる必要はない

そのなかで、忘れてはいけないのは

「強がる必要はない」

ということです。

自分は慣れた風に装いたくなってしまって、なんか無理をしてしまう。
誰に対してかもはっきりしていないのに、先輩ぶりたくなる。

つまり

なんとかして優位性を誇示したくなる、ということ。

人間も動物ですから。

でも強がってばかりも疲れてしまいます。
自分らしく振舞うほうが、人は近寄りやすいです。

分からないことを聞いて何が悪い

分からないことは分からない

そうハッキリと割り切った方がいいです。

知ったかぶりも、それがバレないかをソワソワする必要があります。

でも

強がる必要はない
分からないことは分からない。

新しい環境に身を置くのだから当然のことです。

だから心にとめておいてほしいことは

「今日よりも明日がよくなればいい」

人それぞれ歩んできた道はことなります。
できることとできないことは、みんな違います。

だからこそ、「自分が」できないことは「誰かに」教わりましょう。
新たな環境からは吸収することがたくさんあります!

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。