測定と記録で自分の行動を変える:「測られていること」に人は反応するのを利用する

こんにちは、上田巧です!

なにか新しいチャレンジをしたい!と言って
いろいろなことに取り組んでみるけど…

なんか続かない!!ことが今まででした…

そこで今回は、

測定と記録で自分の行動を変える:「測られていること」に人は反応する

監視される必要はありません。淡々と記録していくだけです。

では参りましょう!

測定と記録で自分の行動を変える

自分の行動が「測定」され「記録」されていると感じると、
なんだか規律正しくなっていく今日この頃です。

先日、貯まりにたまったビックカメラのポイントでアップルウォッチを購入しました(今更)。
ウォーキングしているときとかに電話に出る気も無いし、
そんな時間こそ自由でいたいのでSimなしを購入。

iPhoneとの連携で、自分の健康データを勝手に記録してくれます。
本当に今更ながらですが、画期的です!笑

特に、行動が変わったと実感するのが「睡眠時間」

原理はわかりませんが、「何時間寝たよ」というのをしっかり記録として残してくれます。
パフォーマンスがいい日はしっかり寝てるし、反対にそうでない日は寝てなかったり。

行動と結果を体が体感できるようになってくると、
自分をコントロールしようとする意思が強くなるのです。

「測られていること」に人は反応するのを利用する

意識していなくても、人は測られていることに反応し続けています。
直感的になんだか疲れそうな感じですが、これを利用してしまいましょう。

測定と記録の効果はとても大きいのですが、

なにせ「測定と記録」をするのがめんどくさい。

だから自動化できているものを活用する。

記録結果だけを毎日見れる状況を作り出しましょう。
体重計もアプリと連動するものを購入しました。

別に超高性能である必要はありません。体重・体脂肪・BMI・基礎代謝くらい測ってくれれば十分。

タニタ 体組成計

自分でコツコツ記録することも大事な1つだ!!という根性論ともおさらばです。

いい結果を残したいという人間の本能

毎日記録が見れるようになると、自然といい結果を残したいという方向に向いてきます。

幸いなことに人間という生き物は「昨日より良くしたい」という欲望を少しでも持っています。
その欲望・本能に毎日少しずつでも答えてあげることが、幸福感を増すことにつながるのです。

意志の力だけ自分をすべてコントロールすることはとても難しいです。
だからこそ、本能をうまく使っていけるようになるといいですね。

あなたが満たしたい今の欲望は何ですか?
1日では到達できないものだからこそ、毎日少しずつ前進していきましょう。

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。