「香り」を使った仕事スイッチ

「仕事スイッチ」

あなたはどうやって入れますか?

食べ物・飲み物・音楽
いろいろありますね。

分かりやすいのが「コーヒー」
カフェインも摂取出来て、仕事モードになれます。

今回は、ぼくの

「香りスイッチ」

について、まったり書きます。

「香り」を使った仕事スイッチ

仕事スイッチを入れるとき、何をしますか?

僕はテンション爆上げ、ゴリゴリ作業したいときは絶対「アニソン」を聞きます。
でもいつも「アニソン」という「音楽」ではありません。

「嗅覚」をスイッチとして使います。

嗅覚は5感のうち唯一「感情や本能」に関わる「大脳辺縁系」に直接伝達されます。
がんばるぞ!っていう感情を引き出すには「嗅覚の刺激」は非常に強い効果があるようです。

ぼくは「この時間帯にはこの仕事をする」というルーティーンが大体決まっています。
そして、ルーティーンに合った「香り」を取り入れています。

僕の香りルーティーン

起床後すぐ

柑橘系の香り

ミストスプレーなどを使って、パパっと香りを広げます。

寝てる頭を起こしてくれます。
朝って感じがしますよね。

リフレッシュした頭が一気に活性化します。

ブログを書き上げたり、原稿を作るのにピッタリです。

午前中の仕事

その日の気分に応じて。
気持ちを落ち着ける香り。

早朝の仕事でエンジンがかかってきた頭を落ち着けます。
80キロ安定走行をしようと心がけます。

そこで、

ウッディな香り

が中心です。

小さなお香を焚きます。

数字を扱う仕事がメインなので、ミスが怖いです。

落ち着いた気持ちで1つ1つ丁寧に仕事するのにちょうどいい感じです。

午後過ぎから夕方の仕事

少し甘めの香り

小さなアロマキャンドルを使います。

香りはそれほど強くありません。たまにふわっとやってくる香り。

火を見ながら仕事をすると、じっくり考えることがはかどります。

クライアントの事や今後の方針を深く考えたりします。

ほとんど使いません。

刺激を与えてしまうと、ぼくは寝れなくなってしまうので。

好みの香りを探してみる

香りの好みは人それぞれ。

好き嫌いがはっきりしてしまうので、プライベートスペースがある方はオススメです。

「香り」をスイッチにしてみるのはいかかですか?

いつものショッピングに、1つ新しい楽しみを。

ではまた。

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。