1人で60点、仲間と85点を目指す:1人で100点を目指さない

こんにちは、上田巧です。

よく、人生は人生ゲームだと言っていますが、
このゲームには、一応スコアがあるようです。

それは1つ1つのイベントに対して、自分が採点するようです。

そこで今回は、

1人で60点、仲間と85点を目指す:1人で100点を目指さない

です。

ん~、採点基準が自分?難しいですね。

では参りましょう!

1人で60点を目指す

テストでは、100点を目指しなさい。
誰しもが小学校の頃から教え込まれたもの。

その教えが実現されたかどうかは別として、記憶にあるのもだと思います。

でも、この人生ゲームで100点を取ることは….ムリ!!

出題範囲に書いてないことばかりだし、出題範囲なんてない!

だから、1人で頑張る目標地点は

「60点」

で良いのではないでしょうか。

あれもこれもと考えなければならない中で、1人でやり切る限界地点かもしれません。
個人差はあるでしょうが、そこら辺だと思います。

100点を目指すことはとても大切なことです。
でも、自分には手も2本しかないし、頭も1つしかありません。

本当は、できることってすごく限られているのです。

仲間と85点を目指す

でも、60点じゃ満足いかないことが多いでしょう。

だからこそ、

5点スコアアップしてくれる仲間を見つけて行けばいいんです。

5人集まれば、25点あげてくれます。

それで、合計点は85点。

これを、まだ15点足りないとみるのか、もう85点も取れていると見るのか。

見かたは自由です。
でも間違いなく自分を幸せにできるのは「もう85点」の考え方に違い無いでしょう。

そもそも、そんな仲間がいるだけで幸せなのです!

1人で100点を目指さない

僕自身、1人で100点を目指そうとしてしまいます。

正直この性格、ツライです。やめられるものなら、今すぐ辞めたい。
自分で自分のミスを許せない。減点分があるだけ、自分を責めてしまう。

そんな時、もらった言葉でした。今日のテーマです。

「60点取れれば十分。あとは仲間が何とかしてくれる。そんな仲間を作るほうがよっぽど大切」

とても気持ちが軽くなりました。

人生に模範解答なんて無いです。ましてや採点基準なんてありません。
だから、100点を目指そうと自分に鞭打つのはただの拷問!?

自分を幸せにするのは「自分」しかいないのです。

60点で一息ついてOK、85点を仲間と喜び合える人生。

「豊か」というのはそこにあるのかもしれませんね。

ではまた!

お時間があればこちらもぜひ!

独立は自由度100%の人生ゲーム:酒・ゲーム・アニメを忘れてドはまり

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。