ちょっとだけ進めておく安心感:思い切って休むために

こんにちは、上田巧です!

よくビジネス本で、

「仕事をお願いされたら、すぐに5分だけやってみる」

なんてオススメをしている本がたくさんありますね。

仕事上でメリットがあるのは間違いないのですが、
これ休日の質も大きく変えたりするんです。

そこで今回は、

ちょっとだけ進めておく安心感:思い切って休むために

仕事とプライベートのバランスは絶対に大事!

では参りましょう!

ちょっとだけ進めておく安心感

お願いされたら、ちょっとだけすぐにやってみる。
そんなことをオススメしている本が沢山あります。

この目的は、

全体像を把握すること

にあります。

全体像が把握できれば、
「ここまでやるのに何時間」「残りの部分は何時間」
というように見積りを立てることができるようになります。

また、ちょっとやってすぐにわからないことが出てきた時や、方針の確認をしたいとき、
さっきお願いされたばかりなので、相手にも確認しやすいですよね。

こんな風に、シュバっと動いていくと仕事ができる人認定されていきます!

どんどんハッピー!

ってのは、仕事だけに効果があるんじゃないんです!

思い切って休むために

どんな仕事でも、「その日」に終わるものってほとんどありません。
どう足掻いたって、何週間とかかるものも出てきてしまいます。
それは、仕事を細分化しても一緒。

ここで厄介なのが、「休みの日の過ごし方」

仕事が溜まっていってしまうと、頭から離れなくなってしまいます。
あれをやんなきゃ、これもやんなきゃ、とグルグル回ります。

そうなってくると、せっかくの休日が台無し。
ずっと仕事のことを考えてしまい、気が付いたら夕暮れ。
休みだったはずが、なんだか疲れが溜まって終わるという事態に。

だからこそ役に立つのが、

「あと何時間くらい」

これがわかっていれば、「今日はやらなくていいや」って確信を持てます。

最悪休みの日に仕事をしなければならなくなってしまったとしても、どれだけ進めておこうかわかっていれば心穏やかに過ごせますね。

結局、尻に火がつかないと人はやらない

思いっきり休むために、
自分の尻にいつ火を付けるかをハッキリさせておく。

尻に火が付けば、誰だって一生懸命頑張ります。

でも、「いつ尻に火を付けるか」を自分でコントロールできたら、かなり心は穏やかになるのです。

自分の尻に火を付けるのは自分!!

突然、「ヤバくない!?」とならず、タイミングをコントロールする。

期限をコントロールして、オンオフをハッキリさせるために、

「ちょっとだけ進めておく」

改めてオススメします!

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。