話し合う場を作る:真摯に向き合う時間が大切

こんにちは、上田巧です!

普段から仕事をする仲間とコミュニケーションを取りますね。
「会議」や「何気ない会話」

話をする場はいろいろあります。

でもそれだけじゃ足りないんです。

そこで今回は、

話し合う場を作る:真摯に向き合う時間が大切

たま~にで、いいんです。

では参りましょう!

話し合う場を作る

コミュニケーションの取り方は色々あります。

一番真面目な場であれば、「会議」
ちょっとリラックスした場であるのならば、タバコミュニケーションなんてものも。
飲み会でのコミュニケーションもありますが、ご時世的にちょっと厳しくなっていますね。

そんな風に話をするだけならば、わざわざ改めて場を作る必要があるのか?
と、思います。

が、

「話をしよう」

と伝えて「場」を作ることはとても大切なのです。

真摯に向き合う時間が大切

どうしてそんなに大切なのか?

別に高級な場所を準備する必要なんてないんです。

理由は

「話をすることを第1の目的とする」

ということです。

会議だったら、何かの議題を採決について話をする場。
飲み会は、お酒を飲んでストレス発散をする場。

どちらもコミュニケーションは取るのですが、「話をする」ということが最優先の目的にはなり得ないのです。

だから、「話をしよう」と伝える。
あなたと私の「話の時間」を作りたいと伝える。

「真摯に向き合う時間を作りたい」と伝えることで、相手と言葉のキャッチボールをする「場」をしっかりと準備できます。

真剣に向き合う準備をする相手に対して、邪険に対応してくる人ってあまりいないですよね。

次の1歩が踏み出せる

そんな「場」を作って会話をすると、普段のコミュニケーションから出てこないことがどんどん出てきたりします。

え?そんなこと考えてたの!?
そんな風に見ててくれたの!?
そんなこと心配しててくれたの!?

表に出てこなかった「思い」が表出します。

この「思い」のやり取りをすると、信頼がどんどん生まれてくるのです。

そんな風に考えててくれるのなら、もっと頑張ってみよう。
自分では気づかなかった部分が改めてわかったな。できることから直してみよう。

「褒めること」「注意すること」

しっかり話をする「場」を作らないと、言えないことも沢山あったりします。
そんな1歩が踏み出せるようになります。

ファミレスで十分です。
「話がしたい」と伝えて、「真摯に向き合う時間」を作ってみると、思いがけないお宝が発掘されます。

まずは30分から!

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。