栄養ドリンクは最後の最後:「元気の前借り」はいつか返済するときがくる

こんにちは、上田巧です!

2020年の終わりの足音がいよいよハッキリ聞こえてきた今日この頃。

ラストスパート!
って頑張っている方も多いと思います。

そこで今回は、

栄養ドリンクは最後の最後:「元気の前借り」はいつか返済するときがくる

ついつい手が伸びてしまいがち。
味も美味しいですもんね。

では参りましょう!

栄養ドリンクは最後の最後

最近は色々な栄養ドリンクがあります。
エナジードリンクってとかも言いますね。

会計士受験をしていたころ、毎日2・3本飲むような異常な時期もありました。
本来、ここぞという時に飲むもののハズですが、もはやコーヒーのような扱いに。

よく朝に高校生がモンスターを片手に登校している姿を見ます。
彼にとって、「ここぞ」という日なら良いのですが、使いどころがちょっと心配。
余計なお世話ですけどね。笑

やっぱり使いどころは

最後の最後
ゴールテープが見えてる段階

だと思っています。
まだまだ走り続けなきゃいけない場面では、自分の本来の体力で勝負したほうが絶対に良い!

「元気の前借り」はいつか返済するときがくる

確かに、栄養ドリンクを飲むとなんだか頑張れます。
よっしゃ、気合を入れて頑張るぞ!って。

そんな即効性は無いはずですが、、、笑

でも、その効果はずっと続きません
必ず切れるときがきます。

その時の「疲れ方」
ちょっと尋常じゃないくらいの落ち込み具合なのは、僕だけでしょうか。

一時の力を得たあと。
つまり

「元気の前借り」

をした後の、返済期間が結構長いのです。

人が頑張れる力、というのにはキャパシティがあります。
どのタイミングで、どれだけの力を発揮させるか。

キャパシティ以上の力を得ようとしたとき、必ずその返済がやってくることを忘れてはダメですね。

頑張る力は食事からもらう

自分が持っているキャパシティをしっかり発揮したいなら。
その源は

「食事」

であるべきだと思います。

やはり、毎日食べているものから人間は作られます。

その瞬間だけ最大瞬間風速を出さなくてもいいように、コンスタントに頑張れる力を付けておく
そのために、食事に少しだけ気を使ってみる。

僕は栄養ドリンクから、スティックささみに移行することを強くオススメします!

「元気の前借り」をしないで、「元気の底上げ」

なにをするにも、体が資本です!

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。