バカにできない雑務スキル:独立後は全部自分の仕事

こんにちは、上田巧です!

誰しもが、こんなことを思ったことがあるでしょう。

「自分はコピーを取るために会社に入ったんじゃない」
「自分はもっと重要な仕事をやるべきだ、雑務は誰かやればいい」

そうかもしれないけど、そうじゃないかもしれないコト。

そこで今回は、

バカにできない雑務スキル:独立後は全部自分の仕事

本当に1つ1つの事には意味があります。

では参りましょう!

バカにできない雑務スキル

「オレはこんなことをするはずじゃなかった…」
「こんなことをしてるくらいなら、勉強してもっとスキルアップに時間を使いたい」

どうしてもそんなことを思わせてしまう仕事。
それが「雑務」

コピー取りとか、「雑務の王様」って感じですよね。
そんなことしてる暇あったら、別のことをって思う気持ちも分からなくもないです。

でも、「雑務」をしているあなたにも、「お金」が支払われています。
本来、どうでもいいことややらなくていいことには「お金」は1円も払いたくないはず。

なのに、なぜ多くの会社は「雑務」にお金を出しているのか

意外と少ない雑務を身に着けるタイミング

それは現状、避けては通れない業務だから、です。
どんなに文句を言ったって、コピー機が勝手にやってきて注文を聞いてくれる時代はまだ訪れていないのです。

バカにされやすい「雑務」
でもその仕事を1つ1つしっかりできると、周りの評判が良くなります。

大きなプロジェクトを1発成功させることと同じくらい、小さな「雑務」を毎日コツコツ、要求水準を満たしてくれる人は重宝されます。

「雑務」という知られざる大事な基礎スキル

身に着けるタイミングは、社会人1年目しかありません。
2年目になったり、後輩ができたりしたら、いつの間にか「できて当然」と周囲の目が変化します。

「雑務」を身に着ける、質問できるタイミングはほんの一瞬しかないのです。

独立後は全部自分の仕事

コピーを取る
契約書を製本する
資料を整理する

全部「雑務」
後輩や会社内の誰かがやってくれていた仕事が、「独立後」には全部自分に戻ってきます。

まずは1人で独立、という方が多いと思います。
いろんな人が、「手伝うよ~」って言ってくれるかもしれませんが、その人たちは自分の仕事のキラキラした部分を手伝いたいのです。
誰も「自分の雑務」になって興味ありません。

そんな時、「コピーをいかに効率的に取るか」と真剣に考えた時間と経験がキラキラ輝き出すのです。

何事も経験

別にイヤなことを我慢し続ける必要はありません。
もし独立を考えているのなら、「全部自分でやるときがくる」ことを想定して日々動いてみて下さい。

1つ1つの物事の見方が大きく変わります。

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。