消費思考から投資思考へ:「お金を大切に使う」

こんにちは、上田巧です!

毎日、いろいろなものにお金を使いますよね。

コンビニでお茶を買ったり、パンを買ったり
ショップで服を買ったり、雑貨を買ったり

お金は巡るもの。その中で大切な「お金」を何に使うか

そこで今回は、

消費思考から投資思考へ:日常の1つ1つを大切にしてみる

自分に帰ってくるようにお金に旅をさせる。

では参りましょう!

お金を使う時、何を考えている?

コンビニで買い物をするとき、何か考えていますか?

ちなみに、僕は何も考えていないです。
お腹に何か入ればいいやで済ませます。

他のモノも、基本的にはコスパで考えていました。
服は着れればいい、コップは飲み物が飲めればいい。パソコンは文字が打てればいい。

「~~できればいい」

この考え方で今まで生きてきました。

でも、すごくもったいなかったのかもしれません。

消費思考から投資思考へ

なぜもったいなかったのかというと。

「消費する」ことしか考えていなかったから。

その目的が達せられれば、それはそれだけでOKだと考えていました。

お腹を満たす。機能を満たす。
必要最低限のことであって、それ以上のことは生まれてこないモノの見方。

これが消費思考

そうじゃなくて、

使ったお金がどんな風に自分に帰ってくるか。
どんな体験や感情を自分にもたらしてくれるのか。
どんな風に自分が変わっていくのか。

物事は巡り巡っています。自分の行動1つが次の自分を作る。

これが投資思考

「お金を大切に使う」

もし、「~~できればいい」や「こんなもんでいいか」と考えているのなら、

少し立ち止まってみる。

同じ昼食でも、自分の心が豊かになりそうなものは何か。
自分の心が豊かになりそうな時間の使い方は何か。

そうすると、不思議なことにお金を使わなくなるんです。
気軽にポンポンお金を使わなくなるんです。

もしかしたらこれが、

「お金を大切に使う」

ということなんだと、僕は感じています。

もちろん、毎日のコンビニでそんなことを考えている余裕はない。
わかります。自分で言っておいてなんですが、もちろんそうです。

「1つ1つ丁寧に考えてみる」という大切さを忘れない。

これは自分にどんな体験や感情をもたらしてくれるか。
そして、どんな風にお金になって帰ってきてくれるか。

雑に考えれば雑な結果だし、丁寧に考えればいい結果かもしれない。

「お金を大切に使う」がどんなことか分かった気がします。

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。