ちょっと不安がちょうどいい:新しい「知らない」に出会うために旅に出よう

こんにちは、上田巧です!

2021年になり、新しいチャレンジを始める人も多いですね。
新しい環境、どんな人がいるんだろう。

自分の知らない世界には、どんなものが待っているのだろうか。

そこで今回は、

ちょっと不安がちょうどいい:新しい環境に旅に出よう

自分が良く知っている世界にずっといても、飽きちゃいません?

では参りましょう!

不安は悪いものじゃない

不安がたくさんある状況

あんなことをしたら、どうなるんだろうか。
どんな環境なんだろうか。

考え出したらキリがないくらい、今の時代「不安」なことがあります。

「不安」

その言葉だけを聞くと悪いもののように感じてしまいます。

でも僕は、不安は悪いものではないと思っています。

不安を変換して

「知らないだけ」

と捉えるようにしています。

ちょっと不安がちょうどいい

不安を「知らないだけ」と捉えるようになると、結構見える世界が変わります。

結論から言えば、

「知る・わかるように頑張ってみればいいじゃん」

という捉え方。

確かに、全部知っている状態。自分の身の回りのことは全てお見通しの状態。
それならば、怖いもの無しなのは間違いなし!

でもそんな生活に慣れてしまうのが一番マズイ気がします。

なぜなら、次の大きな変化に対応できなくなってしまうから。

例えば、この10年でスマホはとても発展し、生活必需品まで上り詰めました。

しかし、「電話をする。連絡を取る」という意味ではガラケーでも十分。
自分が良く知ったガラケーという世界に留まることは、以後ごちは良いです。

スマホって情報漏洩が危ないんじゃないか。
なんか騙されそう。
よくわかんないウィルスに引っかかったらどうしよう。

「不安」を上げだしたらキリがありません。

でもその不安、つまり「知らないこと」とどう向き合うかという姿勢が、人生の大きな分かれ道です。

ちょっと知らないコトを知るように動いてみる。
これだけどOK。

「不安を打ち消そうと努力する」なんて大々的な心構えは無用です!

新しい「知らない」に出会うために旅に出よう

「知らないことを知る旅に出よう」

多かれ少なかれ、人間には知的好奇心があります。

分からなかったことが分かった時の喜び。
誰しもが味わったことがあるはずです。

僕も来月に縁もゆかりもない土地に引っ越すことに「不安」が出てきました。
年が明けて、実感しだしたところですね。

でもそれも全部同じ

「知らないことを知る」

それだけ。

縁もゆかりもなければ、作ればいい。
知らない環境でも、知ればいい。

何もできない旅なんてありません。自分がどうするかの選択肢は無限大。

不安で押しつぶされそう。

そんなときもありますね。でも、知らないだけ。そう開き直ってみて。

「不安」は敵じゃありません。
姿を変えると自分にとっての心強い味方になってくれます。

ちょっと不安なくらいがちょうどいい。
新しい「知らない」に出会うために旅に出よう

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。