仕事における整理:最もわかりやすい整理の基準から使う

こんにちは、上田巧です!

年も明けて、いろいろな申告の時期となって参りました。
最近レシートや領収書にまみれて仕事をしております。

そんな時、人それぞれの整理の仕方がありますね。

そこで今回は、

仕事における整理:最もわかりやすい整理の基準から使う

片づけばいいんですけど、わかりやすいほうがいいですよね。

では参りましょう!

自分ルールの落とし穴

色々な整理の仕方がありますね。

人ベース
モノベース
分類ベース

好みで分けることが多いですね
私生活における整理は、この整理の仕方が多いと思います。

それぞれの部屋に、それぞれのものが仕舞われていればまずはOK
そこから先は自分ルールで片づけてくれればOK

汚い部屋は嫌ですが、まぁその人の部屋の事だからと割り切ることができます。

自分の部屋や家の片づけは自分ルールを適用して大丈夫!

ただし、そうもいかないのが、
仕事におけるお片付け

仕事における整理

部屋が散らかっている人が良く言うセリフ

「自分ではどこに何があるか分かっている」

まぁ大体わかってないんですけどね。笑
ここら辺にあるってことをざっくりと覚えているくらいです。

でもそれじゃ困るのが、仕事の話。

色々な資料やデータファイルが膨大に積みあがります。
紙の資料は埋もれると本当に分からなくなり、データの資料はどこに格納されているのか分からないと、本当に死にますね。

さらに、その整理方法に「自分ルール」が適用されてしまうともう最悪。
絶対に見つからなくなります。

だからこそ、仕事における整理には

「誰でもわかる整理の基準」から使っていくのがベストです。
ベストというかマスト!!

最もわかりやすい整理の基準から使う

誰でもわかる基準

それは、

「時間」

です。

小さな子供でも分かります。1年という区切りがあって、その1年は12ヵ月で区切られている。
だれも疑うことのない、最もポピュラーな常識。

この基本を使うこと、そんなに特別なことではないはずですが、
日々のルーティーンとして確立して継続するには頑張りが必要です。

カンタンなもの
わかりやすいもの

日々続けたいことは、出来る範囲で程よく頑張ること。
それが大事ですね。

資料やファイルを整理するとき。
まずは「何月か」を使って整理してみてください。

そして、途中で辞めちゃわないで、継続しましょう!!

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。