どんな回答が欲しいのか:質問の前に自分に問いかける大切さ

こんにちは、上田巧です!

いろいろな人に、いろいろなことを質問されることがありますね。
その中でもよくあるのが「どう思う?」

ドウオモウって?

そこで今回は、

どんな回答が欲しいのか:質問の前に自分に問いかける

どこにどんなボールを投げ返したらいいのか。

では参りましょう!

どんな回答が欲しいのか

先ほども書きましたが、

一番困るのが

「どう思う?」

率直な思いを答えてもいいのですが、そのままだと相手を傷つける恐れがあります。

そんな時は、相手がどうしてその質問をしたのかという思考プロセスを追いかけます。
そうすると、

「あ、そういう思いで聞いてきたのか」

と何となくわかることが多いです。
それに寄り添って答えてあげる。

そうすると、何となく会話はスムーズに進みます。
でもちょっとこれ、受け手にとって大変じゃありませんか?

質問の前に自分に問いかける大切さ

プライベートの会話ならそれでいいですが、
特に大変なのがお仕事の時

「結論から話しましょう」

はよく言われますが、

「結論を想定して質問しましょう」

はあまり言われませんね。

この言葉をもらって、相手はどう反応するのか。
この言葉を投げかけて、相手にどう反応してもらいたいのか。

自分はこの言葉から、相手に何を期待しているのか。

質問してもなかなか解決しない。
質問すると、なんだか相手がイラつき出す。

そんな時こそ、

今しようとしている質問を、「自分にしてみる」
そのひと手間が、相手への見えない思いやりだったりします。

会話もエネルギーを使うことを忘れない

話しかければ、答えてくれる。
質問すれば、教えてくれる。

この状況を「ありがたいこと」として捉える。
「当然のもの」として捉えると、何かしらのエラーが発生する。

だからこそ、発する言葉にこそひと手間を惜しまない。

「あぁ、この人に話しかけられると疲れるな」って人にならない。
「軽快で、スムーズなコミュニケーションが取れる人」を目指しましょう!

1手先で十分です。
どんな回答が欲しいのか。
話しかける前に、自分に問いかけてみましょう!

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。