目の前の問題を解決しようとしない:1ステップ源流に立ち返って考える

こんにちは、上田巧です!

毎日、毎日、これでもかというくらい湧き出てくるのが

「問題」

どんなに潰しても、消え切らない。

やんなっちゃいますね。

そこで今回は、

目の前の問題を解決しようとしない:1ステップ源流に立ち返って考える

もぐら叩きにならないために。

では参りましょう!

出てきた問題を叩きたくなってしまう

あれをなんとかしなきゃ
これにすぐに対処しなきゃ

まるで日々顔を出してくるモグラを叩くような感じ。
出てきては叩き、出てきては叩き
倒したと思ったらまたすぐに次の問題が出てくる。

仕方ないことだと思います。
だって、その問題を解決しないと次に進めないから。

また、問題を倒すとそれはそれで達成感が得られます。
自分、頑張ったぞ~、解決したぞ!!

嬉しいことだし、また次頑張ろうというきにもなります。

でも、また明日、もぐらは出てきますよね。

目の前の問題を解決しようとしない

もちろん、目の前の問題を解決しようと奮闘することは凄く大切です。

そんな日々を過ごしていると、

「問題はすぐに解決しなきゃいけないもの」

として心に擦り込まれてしまいます。

出てきた問題を、叩く
また出てきた問題を、叩く

この繰り返しの中で、忘れていってしまうコト

それは

「もぐらが出てこないようにするにはどうしたらいいのか」

叩いて倒すことに喜びを感じている場合じゃないんです。
本当に嬉しいのは

「もぐらが出てこない日々」

これのハズです!

1ステップ源流に立ち返って考える

どんな問題でも1ステップで良いから源流に立ち返る

「なぜもぐらが出てきてしまうのか?」

美味しい作物が放置してあるから?
里山に彼らの食べ物が無いから?
土地開発で済むところが無くなってしまったから?

必ずその問題が出てくる「原因」があります。
そして、その原因を潰さない限り、同じことが発生し続けます。

だから、「原因」を潰しに行く癖を付ける。

目の前の問題を解決しまくらない。

なんでその問題が発生するのか、必ず考える。

そしたら、もう1段先の源流にたどり着けるかもしれない。
全ての問題に焦って対応する必要はないのです。

常に大きな視点を持てるように心がけて行きましょう!

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。