時間短縮のために外食やコンビニ:長い目で考えると短縮になっていない

こんにちは、上田巧です!

引っ越しもとりあえずひと段落し、仕事も再稼働。
それでもバタバタしている日が続いているので、
時間短縮したいのが「ごはん」

そこで今回は、

時間短縮のために外食やコンビニ:長い目で考えると短縮になっていない

食事も近視眼的になってはダメですね。

では参りましょう!

時間短縮のために外食やコンビニ

なにを食べよう
どうやって作ろう
どうやって食べよう
洗い物しなきゃ

カンタンに列挙しただけでも、「ごはんを食べる」という動作にはたくさんの流れがあります。
それを1日に3回やらなきゃいけないとなると、めんどくさいって思う気持ちは良く分かります。

そこで登場するのが、「外食&コンビニ」

全ておカネで解決しようとする最強兵器。
お金で時間を買う手っ取り早い手段ですね。

長い目で考えると短縮になっていない

手っ取り早いし、その瞬間の時間を確保できます。
30分・1時間をゲットできます。

でも、外食やコンビニってその後に元気が出なくなってこないでしょか。
少なくとも僕は体調を崩します。

風邪をひくとかではなく、集中力の低下強い疲労感
この2つにやられます。

その瞬間の30分をゲットするかわりに、その後に非効率な時間を過ごすことになる。
結局は、栄養ドリンクと同じなのかもしれません。

ごはんの時間は自分への投資

一番いいのは、持続的に行動できるようにコンディションを整えること。

体に入れるモノは、コンディションに直結するのは言うまでもないでしょう。

だから、サボらない。
どんなにたくさんの勉強をしても、ごはんをサボることは全てを無に返す。

自己投資!!自己投資!!
と一生懸命になっているそこのあなた。

ごはんはちゃんと食べていますか!?
自分が元気でいることが、全てのスタートラインです。

心身ともに健康であってこそ、最高のパフォーマンスが引き出されます!

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。