会議に沈黙の時間があってもいい:スピーチコンテストじゃないんだから流暢に話さなくても良い

こんにちは、上田巧です!

会議やプレゼンテーションの場

プレゼンターはカッコよく話しができるとかっこいいですよね。
ソフトバンクの孫社長や楽天の三木谷社長など、上手なプレゼンをされます。

そこで今回は、

会議に沈黙の時間があってもいい:スピーチコンテストじゃないんだから流暢に話さなくても良い

誰だって、物事の1歩目があります。

では参りましょう!

会議に沈黙の時間があってもいい

スラスラと途切れなく話が進む姿を目指す

会議やプレゼンの場に向けて準備をするとき、誰もが思い描く姿だと思います。
そのために沢山の準備やリハをしたり。

それでもどうにもならない時ってどうしてもあります。

僕も何度も頭が真っ白になって、その時自分が何を喋っているのかわからなくなる。
前後のつながりもなく、ただ時間をつなぐためだけに言葉をだらだらと発し続ける。
会議が終わったあとにぐったりするレベル。

みんな、恐れているんです。

「沈黙の時間」

この気持ちがわかる人はたくさんいるはずです。

流暢に話さなくても良い

でも「沈黙の時間」って、会議の参加者にとっても必要な時間だったりします。

とても流暢に1時間話を続けられてると、会議の参加者が内容を消化する時間が全くありません。
終わった後、「なるほど~」と、どこか他人事で終わってしまうのです。

会議やプレゼンなども、キャッチボールです。
フロア側からコメントが返ってこないにしても、自分が投げかけた言葉を消化してもらうことも大事。

だから、「会議に沈黙の時間」はむしろ必要な時間なんです。
沈黙が怖いのならば、「ここまで大丈夫ですか?どうでしょうか?」ととりあえずフロアにボールを投げておく。
なんなら「ちょっと確認させてください」と素直に言う。

しどろもどろになりながら、てんやわんやになってしまうくらいなら、
「時間をください」と素直にお願いしてしまいましょう。

怒る人は誰もいないはずです。(それでも怒る人は放っておきましょう)

受け手側も、話し手に落ち着いて話してもらったほうが分かりやすいのです。

目的は「伝えたいことを伝える」

会議やプレゼンの目的が

「流暢に話すこと」

それだったら、沈黙は悪です。

でも、世の中で言われている会議やプレゼンの目的は

「伝えたいことを伝える」

この目的を見失わないでください。

繰り返しますが、スピーチコンテストではありません。

参加者に何を知ってもらって、ここからの行動をどうするか。

「絶対にこれだけ伝える」

自分に言い聞かせて、自分に変なプレッシャーを掛けない。

誰だって最初は緊張してガチガチになっていた時代があるんです。
どんどん失敗して、大きくなっていきましょう!

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。