自らやらなきゃいけない状況を作り出す:どんどん周りを巻き込んでいくスタンス

こんにちは、上田巧です!

「余裕ができたらやろう」

そう思ったことは数知れません。
そんなことが何度消え去っていったことか。

そこで今回は、

自らやらなきゃいけない状況を作り出す:どんどん周りを巻き込んでいくスタンス

誠実にやることを遂行しなければないらない状況がベストです。

では参りましょう!

自らやらなきゃいけない状況を作り出す

「そのうちやろう」
「余裕ができたらやろう」

はい、完全なる「やらないフラグ」ですね。

これ、絶対にやらない流れになります。絶対って言いきれます。笑

自分1人の中の約束事。これって結構ないがしろにされやすいです。
なぜなら、やらなくても誰にも気づかれないから。

どうしても、やらなきゃいけない状況まで持ち上げることが難しいです。
どうやって「自らやらなきゃいけない状況」を作り出すか。

どんどん周りを巻き込んでいくスタンス

「周りの人に宣言する」

よく言われている方法ですね。
SNSやブログなどで、「自分の目標」を掲げることはとても大事です。

宣言することで自分にプレッシャーがかかってイイ感じになります。

ですが、

割と他人って、自分が何かしたことを覚えていなかったりするんですよね。
というかほとんど覚えていないです。

自分、こんな宣言をしたんだけどさ~
って言ったら、

あ~、そういえばそんなこと言ってたね~

ってくらいだと思ってください。

悪い意味ではないですが、他人って自分に対してそんなに興味ありません。

だから、宣言するだけじゃなくて

「巻き込んでいくスタンス」

自分1人じゃたどり着けないところまでいける

巻き込んでいくスタンスを取ると、
「どうしても頑張らなきゃいけない」状況が自分で作り出せます。

このスタンスの時に大切になることが、

「他人に迷惑をかけない」

ということです。

巻き込んどいて、自分が何もしないのでは人がどんどん離れていってしまいます。

だから巻き込んだ分、しっかりと自分が先導を切って進んでいく
結果が良いに越したことはないですが、あまり気にせずどんどん頑張る。

巻き込んでいくスタンスを頑張っていくと、

「自分1人じゃたどり着けなかったところ」

そこまで行きつくことができます。

早く行きたいなら1人で、遠くまで行きたいならみんなで

良い言葉ですね。

どうしても成し遂げたいことがあるならば、
周りをどんどん巻き込んで、楽しく騒ぎながらやっていきましょう!

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。