自分の目的があるから勉強もする:「知識を身に着けたい」じゃ意味がないし、どうせ使えない・使わない

こんにちは、上田巧です!

家に本棚ができてきたので、書籍を増やしたいなと。

仕事に限らず、ジャンルは幅広くしたいと思っています。
ただ、闇雲に買っても時間もお金も無駄になってしまいますね。

そこで今回は、

自分の目的があるから勉強もする:「知識を身に着けたい」じゃ意味がないし、どうせ使えない・使わない

勉強してる「風」で時間を逃がさないために。

では参りましょう!

「知識を身に着けたい」じゃ意味がないし、どうせ使えない・使わない

仕事術の本
健康の本
コミュニケーションの本

本屋に行けば、所狭しと並んでいますね。
どれを手に取ろうかウロウロする時間はとても好きです。

まぁそんな贅沢な時間の使い方も良いのですが、どうせならその後に生きる時間の使い方をしたいですね。

何のために時間を使って「書籍」を読み、知識を身に着けますか?

「勉強しろ」「勉強しなきゃ」そんな声はたくさん聞きます。
そのこと自体は大事なことです。

「知識を身に着けたい」というその思いだけで、ガツガツ行けるほど僕は勤勉ではありません。
いろんな本を読もうと努力していますが、この目的だけだとすぐに内容を忘れます。
忘れるから、使うこともできません。

やっぱり、

「何をしたいから」

が無いと話にならないのかもしれません。s

資格だって同じ

これは「書籍」に限った話ではありません。

資格も全く同じです。

就職・転職・独立など働き方はいろいろありますが、

「とりあえず資格を取ろう」

ってなスタートを切ることは非常に危険です。

資格を取ってどうするの?
この言葉を投げかけると、大体返ってきません。

資格は自分の生き方を決めるものではありません。
あくまでも「道具」です。

道具をたくさんゲットしても、使う体は1つ、頭1つ、腕2本、足2本。

自分を生かすために、なぜそれが必要なのか。
その答えが見つかるような「知識」には、いつの間にかのめり込んでいるでしょう。
「勉強しなきゃ」なんて1ミリも考えないハズです。

自分の目的があるから勉強もする

まずは自分が困っていること

これをベースに動き始めてみることが良いきっかけになったりします。

お金に困っている。
家が片づかなくて困っている。
食生活に困っている。
人間関係に困っている。

自分自身の悩みに答えてあげる前に、他人様に手を差し伸べる心優しい人になりきる必要もそこまで無いかも。

みんな自分の身を守ることを優先し始めている気がします。

自分のお困りごとを解決するために、「勉強してみる」
一番身近な存在が困っているので、自然と勉強したことが行動に出てきます。

今やっていることと全然関係ない分野でも全く構いません。
困っているなと思うコトを解決してくれそうな本を探してみてください。
「勉強」と肩ひじ張らずに、楽に行きましょう。

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。