あーだこーだと考え続けてないでさっさと手を動かす:頭のなかで考えてることは大体うまくいかない

こんにちは、上田巧です!

「事業計画書」

いろんなところで作れって言われますよね。
今後5年間の計画を見通して頑張っていく。

そこで今回は、

あーだこーだと考え続けてないでさっさと手を動かす:頭のなかで考えてることは大体うまくいかない

5年間の計画を考えてる暇があったら….

では参りましょう!

あーだこーだと考え続けてないでさっさと手を動かす

あれがこうなったら。
これがこうなってれば。

いろいろな想定をするにあたって、前提条件を考えていきます。

こうなったら、こうすればいい。
そうじゃなかったら、こう対応すればいい。

現在地から、どんどん分岐を作って考えていく。

でもこれって、「あーだこーだ」の積み重ねに過ぎない。
素晴らしい計画ができたところで、現実は何も進んでいない。

1歩でもいいから、ちょっとでもいいから。
歩みを進めるために、手を動かしてほしい。

頭のなかで考えてることは大体うまくいかない

想定外

思いもよらない現実が起こって、予定通りに行かなくなる。

でも

そんなことばっかじゃないですか?

物事で関わってくる人は、たくさんいます。想定できないくらい。

その現実を何人かで想定したところで限界があるのは当然。

大きな絵を大きく語るのはとてもいことですが、実現できてナンボです。

いろいろ頭の中で考えることも大事ですが、大体うまくいかないのでさっさと始めましょう。
「想定不足」ではなく「想定できない」世の中になっています。

目の前の今を生きることしかできない

結局のところ、自分がその瞬間にできることってほんの僅か。

将来を語ることばかりに目が行ってしまい、今を生きることがおろそかになっていないですか。

今の積み重ねが未来を作ります。

ではまた。

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。