まずは真似をしてみて、自分でやってみる:第1歩目は真似をしてみることにするれば、ハードルがすごく下がる

こんにちは、上田巧です!

オリジナリティ

そんな言葉を聞くとこんな想像をしてしまいませんか?

全部自分で作り上げている

そこで今回は、

まずは真似をしてみて、自分でやってみる:第1歩目は真似をしてみることにするれば、ハードルがすごく下がる

完全にゼロから始められるのは、天才しかできませんね。

では参りましょう!

まずは真似をしてみて、自分でやってみる

棚を作ったりと、色々DIYをやり始めて、少しずつできることが増えています。

自分で作ると、誰かが作ったものと絶対に同じにはならないので、愛着が凄くわきます。

ただ、やっぱり難しいのは「ゼロからアイディアを考える」こと。
やったことが無いことにチャレンジするとき、「何が分からないかも分からない」
当然そんな状態になります。

だから、「真似」から始めるんです。

第1歩目は真似をしてみることにするれば、ハードルがすごく下がる

どうしたらいいかわらないなら、やってる人のやってることを「完全コピー」してみる。
オリジナリティとかそんなことを考える必要は一切ありません。

YouTubeに先生はいっぱいいるし、動き付きで教えてくれます。
それを丸パクりすれはいいだけです。

カンタンでしょ?
もちろん、著作権とか法律に触れることはやっちゃいけません。

真似から始めると分かることは、

「意外と自分でもできるんだな」

ちっちゃい自信につながります。

できない理由を作らないために

チャレンジがなかなか進まない時

もちろん、難しくて進まないという理由もあります。

でもそれだけじゃなくて、

「できない理由を並べてる」

そんなときもあります。

分からないからできない。
材料が無いからできない。
どうやったら完成するのかわからない。

理由はいくらでも作れます。

だから、ある意味逃げ場を無くす方法なのかもしれません。

「真似をするだけ」

同じようにやってみればいいだけなのです。
それでもうまくいかないコトは沢山あるでしょう。

真似をしている過程で身に付くことはいっぱいあります。

だから、チャレンジのハードルを下げるために、「真似」からスタートしてみましょう!

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。