スキルを身に着けて人生を豊かにする:そのスキルは「働くためのスキル」「働かないためのスキル」のどっち?

こんにちは、上田巧です!

いろいろなところで耳にする「スキル」
スキルを習得するといろいろなことができるようになりますね。
自己投資という意味も込めて、「スキル習得」を目指して頑張っている方々が沢山います。

そこで今回は、

スキルを身に着けて人生を豊かにする:そのスキルは「働くためのスキル」「働かないためのスキル」のどっち?

自分の人生としてどこを目指すか。
明確である必要はないけれど、どんな方向で生きていくか。

では参りましょう!

働くためのスキル

カンタンにイメージできるのは、いろんな仕事ができるようになるために必要なスキル。

資格試験とか検定も一緒ですね。
大学院に行って新しい知識を獲得するとかも。

そのスキルを身に着けて、「より働けるようになる」

これらのスキルが見に着けば、新しい仕事ができるようになります。

あくまでも働くためのスキル
「自分が」という点がポイントですね。

働かないためのスキル

働かなくてもいいようにするスキル

一番初めに思いつくのは、「投資」のスキル
株価が上昇することによって利益を得る。
定期的な配当を得られるようにするスキル。

「自分の労働」の対価にお金を得るではなく。
「自分ではない何かが動くこと」によってお金を得る。

よく耳にする「お金に働いてもらう」というのがその1つですね。

今やっている仕事をやらなくていいようにする、自動化する。
これも働かないためのスキル

プログラミングによってめんどくさい業務を省略する。
エクセル1つ工夫するだけでも大きく業務時間は変わってきます。

少し前から話題になっている

エクセルの「Power Query

なんて機能は結構すごいです。
プログラミングができない僕でも業務に組み込めますし、大幅な工数削減につなげることもできます。

投資やプログラミングといったかけ離れた分野ですがどちらも同じ部分があります。

それは

「仕組みを作る」

このスキルを身に着ける。

「働かなくてもいい」というと聞こえが悪いですが、こう考えるとしっくりきますね。

スキルを身に着けて人生を豊かにする

どんなスキルであっても、何のために身に着けるのか。

それはやはり「人生を豊かにすること」

「豊か」の定義は人それぞれですが、
僕にとっては

「自由であること」

自分の時間を自分の思うように使えるようになること。
お金をたくさんゲットできるようになることも大切ですが、やはり自分の時間が一番大切にしたい資源

自分が働くためのスキル
自分が働かないためのスキル

人生100年時代
どちらのスキルだけでも生きていくことは厳しいでしょうから、
この2つのスキルのバランスを取りながら「人生の仕組み」を作り上げて行きましょう。

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。