ほかの欲がなくなるくらい1つのことに集中してみる:徹底的にやってみて、続けるかどうかを考えてみよう

こんにちは、上田巧です!

目下、筋トレに集中し始めた日々を送っています。
長時間トレーニングをしているわけではないですが、「体を大きくするには」に思考が向いています。

そこで今回は、

ほかの欲がなくなるくらい1つのことに集中してみる:徹底的にやってみて、続けるかどうかを考えてみよう

ちょっとかじったくらいじゃ、その物事の本当の姿は見えない。

では参りましょう!

ほかの欲がなくなるくらい1つのことに集中してみる

先ほども書きましたが、「体を大きくするには」に思考を全振りしているので、
その他のことに対する欲が本当に無くなってきました。
それも、怖いくらい。

・お酒を飲む気にならない
・甘いものを食べる気にならない
・夜更かしする気にならない

そして、

・ペヤングを食べる気にならない(あんなに好きだったのに)

実際、妻からは気持ち悪がられるほどの変化のようです。
スーパーに行っては、菓子パンやら揚げ物やらポイポイとカートに入れていたのに。

「1つのことに集中できているか」を考えてみたいなら、

「ほかのことを考えていないか」を判断基準にするとよさそうですね。

1日の自分の行動が、「集中したいこと」に向かい始めているかわかるようになります。

徹底的にやってみて、続けるかどうかを考えてみよう

やるからには「徹底的に」

どんなことをやるにしても、大体「先輩」がいます。
そしてありがたいことに、その先輩方は自分がどんなことをしているのか発信してくれる時代になっています。

だからまずは、その先輩方の生活や行動を真似してみる

「先輩」はその世界のトップを選びましょう。
一番わかりやすいのは認められた実績を残している人。実績はある程度嘘をつきません。
月収などの「お金」や大手出身などの「組織」ではなく、その人個人の力を示すものがベストかと。

今の僕の場合は、その人の体つきに憧れるかどうか、
ボディービル大会等での実績があるかどうか、などですね。

その世界のトップの人たちの真似をすることによって、徹底的にやる方法を知る。
そしてその徹底的を真似して生活をする

そこまでやって初めて、続けられるかどうかを判断するフェーズに来ると思います。

集中したときにしか、結果は出ない

ちょっとかじったくらいじゃ、結果は出ない。
ちょっとやったくらいじゃ、自分は変わらない。

濃い時間を過ごした時に初めて、身に入ってくるものです。
確かにやらやきゃいけないことは沢山あるのですが、そのなかでどれだけ時間を捻出して投資するか。

やらない言い訳はいくらでもあります。
それを指摘されて逆ギレすることも簡単です。

でもそれじゃ自分は変わらない。
結果を出したいなら、毎日少しずつでいいから、その時間を徹底的に。
長時間であることが成功の秘訣ではありません。

「徹底的に」

ではまた!

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。