こんな製品を売りたい
こんなサービスを提供したい

世の中にはたくさんの新しいアイディアが日々生まれてきます。
そのどれもが、人々を魅了し満足させる可能性を秘めています。

「儲かるのか?」
この命題に永遠に対峙し続ける必要があります。
「いくらで売ればいいのか」ということは市場と原価が道しるべを与えてくれます。

製品・サービスを世に出すにはいくらかかるのか。
高値で売れたとしても、それ以上に原価がかかっていたら本末転倒です。

「原価」という足元を固め、到達したいゴールへ一歩ずつ着実に進んでいきましょう。

MENU
PAGE TOP